鋼管工程図

 

高いレベルの溶接品質が海洋構造物鋼管・高層建築用コラム等の実績に裏付けされています。

 

 豊富な製造経験と鋼材・溶接材料メーカーとの連携による溶接技術を基盤に大型油圧成形プレス及びロールを使用した成形技術・検査などの標準化された各工程で、内径350mmから5,000mmを超える幅広い製作寸法範囲、各種の鋼材を使用した鋼管の製造が可能です。
 また、中継・長尺加工ヤードで円周溶接を行うことによって、長さ100mを超える長尺鋼管の作成も可能です。

 

  • 最小径 ID350mm
  • 最大径 OD6000mm(半割れ等分割すれば、幾らでも可)
  • 最小板厚 6mm以上
  • 最大板厚 180mm(径・板厚・長さ・材質等により変動あり)
  • 最大長さ 継ぎなしの場合13m、継ぎありの場合100m

 

 

10,000トンプレス成形

 

40mmロール成形

 

長手内面溶接

 

長手内面溶接の詳細

 

端面加工機(NCパイプフェーサー)

 

円周外面溶接

 

出荷

 

検査工程

 

X線透過試験装置

 

シャルピー衝撃試験機

 

2000KN万能試験機

 

サブマージドアーク溶接

板厚75mmマクロ写真

ページトップ