会社の沿革

昭和13年12月

 

合資会社東亜精機工作所設立、ゴム工業用ローラーメーカーとして発足。

潜水艦、航空機の特殊外部品加工も行なう

昭和22年 7月 外業部設置、船舶造修工事の構内作業施工に進出

昭和27年 6月

 

 

 

東亜外業株式会社設立(同上外業部分離)
資本金100万円
小本芳雄社長就任
工事部設置、陸上建設工事に進出
昭和32年 4月 神戸工場建設、水道用塗覆装鋼管・大口径溶接鋼管の製造開始
昭和34年 2月 石油精製及び諸化学工場の設備建設に進出
昭和39年 5月 海外工事の施工に進出

昭和43年10月

 

資本金4,500万円に増資
溶接研修センター開設
昭和44年 6月 東京事務所開設、工事部を鉄構事業部に改称

昭和49年 4月

 

資本金9,000万円に増資
東播工場建設
昭和49年12月 設立者小本芳雄会長就任、小本洋一郎社長就任
昭和55年 8月 東播工場に塗覆装工場移設
昭和56年11月 東播工場に10,000トン極厚鋼管成形用12米プレス新設
昭和59年 4月 本社社屋移転
昭和59年 5月 ガス水道事業部設置
平成 2年 9月 私募債発行
平成 7年 6月 機械工場移転
平成 7年 8月 溶接研修センター震災復興新設